ストレス解消の方法とオリジナル・テクニック・色々!!

悩み類

出来れば避けたいところですが人として
生まれてきて避けられないのがストレス
おそらく地球上の命あるものは全て大な
り小なりアメーバーでもストレスを抱え
ているのは間違いないでしょう。

そこで私が今まで生きてきてストレスを
解消してきた独自の方法やあの時にああ
すればもっと楽に簡単にストレスを解消
出来たんではないのかな何て事などをま
じえながら独自のコンテンツとして説明
していきたいと思います。

※注意点
1.既にストレスが原因で躁鬱病そううつびょうなどの
精神障害だと思われる方は病気なので大
事にならないうちに早々にお医者に見て
もらって下さい。

2.人それぞれにストレスの感じかた等が
違うので万人に有効とは言えません。

3.あくまでも医学的知識のない独自の考
えで行動してきた事なので自己責任で参
考にしてもらえれば幸いです。

自分のストレスの根底の原因を知る。

なんと言っても元々のストレスの原因を
知る事が大事と言うよりもそれを知らな
ければもとからのストレスを根底から取り
去る事はほぼ不可能と言っても過言では
ありません。

一概いちがいにストレスと言っても人それぞれに
原因が同じとは限りませんと言うよりも
個々に顔が違うように人それぞれに悩み
も違うしストレスそのものが違うのは当
然です。

そこで私が思うストレスの代表的な原因
と私が今まで実際じっさいに実行してみて良いと
思われる対処法をいくつか例を上げてみ
ますので参考にしてみて下さい。

・そもそも目的でない仕事をしている。

その時その時の時代によるものや自分自
身の人生に計画性が無い事が主の大きな
原因なのですが今までに行動計画や目標
を立てた事がない人や優柔不断ゆうじゅうふだんな人に多
いように思われます。

例.対策と対処法

・自分自身でほんの他愛たわいのない小さなこ
とでもいいので目標をもち計画をたて行
動してみる。

例えば朝起きて歯を磨いているときに鏡
に映る自分に毎日欠かさず「私は勇気を
持っている人間です」
なんて自分自身に
暗示するのも効果的な方法だと思います。

自分自身で決定する事と実行する事が大
事だし些細ささいな成功体験の積み重ねが自信
になりより大きな目標にチャレンジする
精神が育つ。

例えば○○年に必ず○○の資格を取得す
るという目標が出来れば日々の一日の勉
強のやり方や時間の管理などが明確にな
り自然と行動出来るように自分自身が良
い方向に変化してくる。

・人間関係が最悪だ。

人として社会で生きていくにはこの問題
のストレスは避けて通ることはほぼ不可
能だと思われます。

だったらどうするの…方法は3つしかあ
りませんその方法とは相手に自分に合わ
せてもらうか自分が相手に合わせるかで
す。

残りの1つはそこから逃げる事です。

例.対策と対処法

最初の問題である対処法のどちらかが相
手に合わせると言うことは極端な話をす
ると性格を変えてもらうという事になり
ますよねでもそれは限りなく不可能に近
い事ですよねなら自分が性格を変えるか
変化する方法しか残されていませんそう
ですよね…?!

・主なストレスの原因と根拠とは

自分自身の性格をこと細かく分析してみ
るそうすると答えはおのずと出てきます。

その答えは、ストレスそのものを作り出
しているのは、自分自身だということに
気づくはずです。

なぜなら他人は、自分自身の心の中に入
り込むことなんて絶対に不可能なんです。

もう気づかれたと思いますがそうなんで
すストレスも苦しみもついでに言うと喜
びも悲しみも全て自分自身が作り出して
いるのです。

そうですストレスを作り出し苦しめてい
るのは自分自身なんです。

対処法その1

今まで苦手にして避けていた人物にあえ
めんと向かって自分の考えや思いを素直
に主張してみる。

対処法その2

自分から進んで責任のある仕事に取り組
む事。

対処法その3

対処法1と2にチャレンジしても改善され
なければその場をキッパリと諦めて次の
職場を探すこと(転職)を勧めます。

・その時の注意点として心して覚えてお
いて欲しいのが次の職場に就職したとし
てもけして楽になり問題が全く無くなる
訳では有りません一時的には楽になりま
すがスタート地点に戻っただけで同じ問
題がまたいつか繰返されることを覚悟し
て下さい。

それはあなたに与えられた人生の試練だ
と覚悟する事。

でも悲観することは有りません自分にと
って問題だと自覚できると言うことは自
分自身で解決できる問題です。

・拘束時間が長過ぎるし休みが少ない。

・上を見ても一生涯の収益が安すぎる。

・精神的に病んでいる。医者に見てもらう。

自分自身の本物の人生の目標や人生の喜びを知る

・人生の目標や目的を明確にする。

・自分の人生の明確な時間割「設計図」を作成する。

自分自身の年齢別・目標・人生の設計図を作成する

目標達成ごとに自分にご褒美や記念になること実行する

コメント

タイトルとURLをコピーしました