つんく♂ 喉頭がんだった…早期発見・治療・休養!!


音楽プロデューサーのつんく♂(45)が今年2月に喉頭がんの診断を受け

ていたことが6日、分かった。

 

つんく

つんく♂
出生名      寺田光男
別名     HARRY DOLE
出生       1968年10月29日(45歳)
血液型       B型
学歴      近畿大学商経学部
出身地       大阪府東大阪市
職業       シンガーソングライター他

1988年12月、はたけ、まこと、たいせー、しゅうとともにシャ乱Qを

結成。ボーカルを担当。

1992年、シャ乱Qがメジャーデビュー。

幸いにも早期発見。既に治療に入っている。今後はしばらくタレント

活動は休業。

本人は前向きで、1日も早い復帰を目指している。

 

6~7年前から高音が出なくなったりしていた・・・

 

sponsored link

 

昨年1月「シャ乱Q」の再始動を発表した際、つんく♂は6~7年前に

声帯の一部に瘢痕(はんこん)ができていたことを明かし、高音が出

なくなったり、低音部分の音が何重にも重なって出たりする症状に悩

まされてきたことを告白していたらしい。

 

シャ乱Q1

 「シャ乱Q」の代表曲 クリック

つんく♂によると、7~8年ほど前から声帯左側に違和感があり、

ファルセットなどが出せない状態。

 

しかし昨年10月から声全体がハスキーになり、声が出しにくい

状態に。

 

今年2月に全身麻酔手術をし、細胞の検査をしたところ、喉頭

声帯にがんが見つかた。

 

つんく♂本人のコメントで、「正直、自分としても『まさか自分が』

と驚いたのは事実ですが『病は気から』と申します。

 

これも人生における何かのヒントだと思い、ポジティブに進んで

いくと決心したところです」と前を向いているらようです。

「とはいえ、頭脳も、それ以外の部分もすこぶる元気で、血液検

査の結果を見た、ある先生からは『この数値だけ見ると、病気の

人のものとは思えないんだがねぇ』というようなお言葉も頂戴して

おります」と元気のよさを強調。

 

シャ乱Q2

 つんく♂ プロデュース代表曲

 

なので「集中的な治療期間が過ぎれば、デスクワーク含めて、できる

ことは今まで通りやっていく予定」ですとしている。

 

「そして、治療後には、また歌を皆さまに届けられる日を楽しみにして

おります」と再会を誓い、文面を締めくくっていた。

 

若いですから早期に完治してもらって元気な姿を見せて欲しいですね。

 

sponsored link

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*