岡田将生が母親と絶縁状態!?母の日を前に中学時代の反抗期を振り返る!!


 

岡田将生今人気俳優の岡田将生さんが

5月公開の主演映画『オー!

ファーザー』の試写会での席

上で中学時代に母親との反抗

期での衝撃的なリアルな出来

事を語ったそうです。

 

 

sponsored link

 

 

プロフィール

 

生年月日 1989年8月15日

出生地 東京都

身長 180cm

血液型 AB型

所属 スターダストプロモーション

 

岡田将生が中学時代反抗期で母親と絶縁状態!?

 

俳優の岡田将生さんが5月公開映画『オー!ファーザー』の中高生親子試写会

が5日東京都内西馬込の立正大学付属高校で行われ映画主演人岡田将生、

忽那汐里、宮川大輔、藤井直人監督が出席。

 

この映画は、50万部を超えた大ベストセラー小説(伊坂幸太郎原作)を映画化

内容は、主人公由紀夫(岡田将生扮する高校生)と4人の親父が奇妙な事件に

巻き込まれ、監禁された由紀夫を救おうと4人の親父が奮闘するというもの。

 

試写会後に行なわれた舞台あいさつで、伊坂幸太郎原作の作品への出演は

3度目となる主演の岡田さんは、「今回の作品は、どうしてもやりたくて初めて

自分からプロデューサーにお話しました。」とこの作品の思いを語る。

 

家族というテーマでちょっと違った家族が描かれているので、色んな方々に

見て欲しいです」とアピール。

 

岡田2

 

忽那さんは「途中からの参加で、最初はほとんどが男性陣で現場に溶け

込めるか不安だったとそうですが、そんな心配もなく和気あいあいとした

楽しい現場でした」と撮影当時の思い出を語り

 

宮川さんは「自分自身役者とは思っていませんが、豪華なキャストの中で

演技するのは緊張しましたが『お芝居やから』という感じでやり、自分で見

て『いいな~』と思う作品だと満足げ。

 

尚この日は中高生とその親御さんの限定試写会ということで、中高生から

の質問コーナーも有り。

 

「高校時代の家族の思い出は」という質問に対して、岡田さんは「自分で

言うのもなんですが中学の時代は反抗期がすごくて、母親とは絶縁状態

でしたと激白。

 

また高校の時に仕事をしてなかったら、そのままグレていたのかもしれま

せん」と当時の事を振り替えつていました。

 

逆に忽那さんは、「高校時代の時に悩みを親に相談したことは?」という

質問に友達が1人と極端に少なくて、私は何でも話してましたと両親との

中の良さを語っていました。

(マイナビニュース より引用)

 

sponsored link

 

岡田将生の略歴

 

芸能界入りのきっかけ

中学2年生の時に生まれて初めて友人と原宿に行った時にスカウトされたことが

元々のきつかけらしい。

 

でもその当時は部活動(バスケットボール部)に夢中だったため一旦断たが高校

進学後、スカウト時に渡された名刺を保管していた姉から勧められ事務所の面接

を受けたところ合格し、現在のスターダストプロモーションに入る。

 

岡田将生1

 

当時16歳で当時通っていた高校では芸能活動ができなかので、別の高校に転校

し仕事は高校2年生になってから始める。

 

2006年、日本工学院専門学校のCM初デビュー。

 

同年、テレビドラマ『東京少女』でドラマ初デビュー。

 

2007年、映画『天然コケッコー』、テレビドラマ『生徒諸君!』(テレビ朝日)、

『花ざかりの君たちへ?イケメン♂パラダイス?』(フジテレビ)でメインキャスト

を務め世の注目を集める。

 

2008年、テレビドラマ『フキデモノと妹』(テレビ朝日)で初主演する。

 

2008年冬から2009年にかけて、主役級で出演する映画5本『魔法遣いに

大切なこと』、『重力ピエロ』、『ハルフウェイ』、『ホノカアボーイ』、

『僕の初恋をキミに捧ぐ』が相次いで公開される。

 

これらの作品によって2009年度映画賞の新人賞を総なめ受賞する。

 

2009年、映画『ホノカアボーイ』で映画初主演。

 

同年、テレビドラマ『オトメン(乙男)?夏?』(フジテレビ)で連続ドラマ

初主演。

 

2010年、映画『雷桜』で時代劇初出演。

 

2012年、『平清盛』では大河ドラマ初出演にして、同時にナレーションも務める。

(Wikipedia より引用)

 

sponsored link

 

 

Be the first to comment

Leave a Reply

Your email address will not be published.


*